Manis-h 社について

デンマーク・Manis-h社は北海とバルト海を分かつように位置する、ユトランド半島の中ほどにある Billund から車で一時間ほどの町 Juelsminde で1972年に創業されました。この周辺は木工製品の加工が盛んな地域で、世界的な玩具メーカーのLEGOの本社やレゴランドもその近郊にあります。





Manis-hの製品は2つある工場で日々製品化されています。生産のロットの大きさなどに合わせ、最新の機器によりオートマチックな工程で生産が行われている工場と、人の手による塗装や検品・梱包などの工程が執り行われている工場です。





またManis-hの製品のデザインは北欧モダンの系譜を受け継ぎ、シンプルでスタイリッシュなフォルムを併せ持ちます。本社がある街の近郊には、現代建築を代表するような建物も多く見られ、Manis-hデザインの背景をうかがい知ることもできます。





そして生産の現場において驚かされるのが、一切のゴミを出さず、木屑の粉塵までもがリサイクルされ、二次製品化されるシステムでした。こういった環境に十二分に配慮された中でManis-hの製品は生み出され、皆さまのお手元に届けられます。





 Manis-h Products


Bunk bed

Slider bed

Loft bed

Single bed

Manis-hの製品群においては、「二段ベッド159・193」「ロフトベッド155・193」「ロフトベッド121・滑り台つき」「シングルベッド・親子ベッド」の計8タイプのをご紹介しています。